未分類

天赦日と一粒万倍日ではどっちがいい日なのか

天赦日と一粒万倍日ではどっちがいい日なのか

何か物事を始める日、行う日にはなるべく縁起のいい日を選びたいのが人の心理というもの。
今回は大安や友引などの吉日よりもさらに縁起が良い「天赦日」と「一粒万倍日」についてをお届けします。
両方が重なる「最強に縁起がいい日」というのもありますが、それは年に数回しかない貴重な日です。日取りを決める段階で直近にその日があればよいですが、なかなか運よくスケジュールを合わせることが出来ないことも多々あります。
なので「天赦日」と「一粒万倍日」、選ぶならどっちがいいかということもお伝えします。

天赦日(てんしゃにち、てんしゃび)とは

まずは天赦日について。
読み方は「てんしゃにち」または「てんしゃび」と読みます。どちらかに決まってはおらず、どちらでも良いそう。
この日は、すべての神が天に昇り、点が万物の罪を赦(ゆる)す日とされていて、暦の上で最上の大吉日です。すべてが許されるので、ためらっていたことや新しいことを始めるのに最適とされています。年に5、6回しかない貴重な日です。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)とは

そして一粒万倍日について。
読み方は「いちりゅうまんばいび」と読みます。
この日は読んで字のごとく「一粒が万倍になる」という意味で「一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になる」ということを表している吉日です。自分の行動が万倍になって帰ってくるといわれている日なので、大きく発展させたいことを始めるのに最適とされています。こちらは月に数回と割と多くある吉日です。

天赦日と一粒万倍日に行うと良いこと

それぞれの日に行うと良いことを見てみましょう。

天赦日 結婚、入籍、結婚の挨拶、結納、引っ越し、起業、開業
一粒万倍日 結婚、入籍、告白、起業、開業、宝くじを買う、習い事、資格取得

どちらも結婚や仕事に関することに対して良いとされています。さらに一粒万倍日は金運や勉強運アップにも良さそうです。
※ただし、人から何かを借りることは良くないので気をつけてください。

一粒万倍日は他の重なった日の影響を受ける

縁起の良い一粒万倍日ですが、一年の内の回数が多いことから他の吉凶日と重なる場合があり、その影響を受けてしまうとも言われています。
大安などの吉日と重なった場合は効果が倍増しますが、仏滅などの凶日と重なると「縁起の悪さが万倍になってしまう」又は「吉と凶を打ち消してプラスマイナスゼロになる」ことがあるので注意しましょう。

天赦日と一粒万倍日ではどっちがいいのか

天赦日と一粒万倍日、どちらが良いのかは、言ってしまえばどちらも良いと言えそうです。両日とも縁起が良い日の代表なので比べるものではないのかもしれません。
ただ、やはり天赦日のほうが1年の内で回数も少なく貴重な日ですし、最強のパワーがあるので、「ここぞ!」という行事では天赦日を選ぶと良いと思います。
一粒万倍日は他の吉凶日との重なりにさえ注意すれば天赦日と同じように最強のパワーがあるのでこちらも良いです。大安と重なった日なんか最強ですね。