未分類

七五三の時期はいつからいつまで?お参りなどのやることを紹介

このページでは次の情報をお伝えしています。

  • 七五三のお参りの時期について
  • 七五三でやることについて

七五三のお参りの時期

まずは七五三の日にちといつからいつまでの間に行えばよいかをお伝えします。

正式な日にち

七五三の正式な日にちは11月15日です。

旧暦の15日は何事をするにも吉であるとされていて、さらに11月は収穫の感謝をする月でもあります。

その感謝とともに子どもたちの成長も感謝するようになりました。

いつからいつまでにお参りをするか

正式な日にちは11月15日ですが、平日であることも多く仕事の都合で七五三が出来ない場合も多いと思います。

11月15日が平日の場合は一般的にはその前後の土日でお参りを行うことが多いですが、近年では七五三の前後一ヶ月くらいの期間でお参りを行われています。

11月15日やその前後の神社は大変混雑するので、その時期にこだわらなくても仕事の都合や食事会をする場合は祖父母のスケジュールも調整しつつ10月~12月頃に行いましょう。

縁起を気にする方は七五三を行う時期を広く考えていけば縁起の良い吉日を選ぶこともできます。

天赦日と一粒万倍日ではどっちがいい日なのか

七五三の年齢

次に七五三を行う年齢についてをお伝えします。

数え年か満年齢か

七五三の年齢は正式には数え歳で3歳、5歳、7歳です。

しかし、七五三は成長を感謝をしてお祝いすることが重要であるという考えから数え年ではなく満年齢で行うことも多いです。

数え年と満年齢、どちらでも問題はありません。

ちなみに数え年は、産まれた年を1歳として元旦を迎えるごとに年齢を1歳加える数え方です。

満年齢は普段私達が使っている数え方で、産まれた日が0歳で誕生日を迎えるごとに年齢を1歳ずつ加えていきます。

なので3歳の七五三を行う場合、数え年だとまだ満年齢で1、2歳となり、子供の負担も多く無事行事を行うのも大変です。

それを考えると特に3歳の場合は満年齢で行うほうが良さそうです。

女の子と男の子の違い

七五三の年齢はそれぞれ、昔に行われていた

3歳の女児が行う「髪置きの儀」
5歳の男児が行う「袴着(はかまぎ)の儀」
7歳の女児が行う「帯解(おびとき)の儀」

が由来となっていて、一般的には女の子は3歳と7歳、男の子は5歳の時に七五三のお参りをします。

しかし地域によって男女ともに3歳の七五三を行う
こともありますし、性別関係なく3歳、5歳、7歳全て行うこともあります。

兄弟姉妹の年齢差の関係などもあり、一般的な年齢とは関係なく近年では多様化されています。

昔の儀式に倣って七五三を行っているだけなので、現在では例えば「5歳の女の子が七五三でお祝いをしてはいけない」といった決まりはありません。

七五三でやること

七五三のお参り

七五三で行うことは主に以下の3つです。

やることリスト
  • 記念撮影
  • 神社でのお参り
  • 食事会

順番も一般的にはこの流れで行われることが多いです。

子供が主役の行事なので、スムーズに成長をお祝い出来るようにしっかりと準備をしておきましょう。

記念撮影

まずは記念撮影を行います。

一般的には

  • フォトスタジオでお願いする
  • 知り合いのカメラマンにお願いする
  • 自分で撮る

になると思います。

フォトスタジオなどにお願いする場合は予約が取れないなんてことにならないように早めに予約をしましょう。

そして衣装に関しても、和装にする予定でしたら、購入するのか、レンタルなのか、着付けはどうするのかなど決めておかなければならないことも多いので気をつけましょう。

知り合いにお願いする場合や自分で撮る場合は外で撮影する事になると思いますのでもし雨だった場合の事も考えておくと良いです。

神社でのお参り

無事、記念写真の撮影が終えたら次はお参りです。

こちらも前もってどこの神社でお参りをするか決めておきましょう。

家の近くの神社か有名な神社のどちらかでお参りをすることになると思いますが、慣れない衣装を着ている子供が疲れないようしてあげると良いです。

少し離れた神社に行くのであれば、そこの近くで着付けや写真が撮れたりすると子供もそんなに疲れることはないと思います。

御祈祷を受ける場合でしたら予約が必要なこともあるのでしっかりと確認しておきましょう。

七五三の神社への初穂料、のし袋やお金の包み方などのマナー

食事会

食事会は必ずするものではありませんが、ご両親などと一緒にお参りをしたり、子供の晴れ姿を見てもらう場合はその後に一緒に食事をすることが多いです。

その時でも、その場でお店を決めるとバタバタしてしまうので前もってお食事に誘っておき、お店も決めておくとスムーズです。

特にかしこまったお店である必要はないので、良く行くお店でも十分です。

ただ子供が主役ですし、すでに子供は疲れ切っていることもありますのでゆっくりできるお店が良いと思います。

まとめ

それでは七五三の時期ややることのまとめです。

七五三の正式な日にちは11月15日。

お参りなどは七五三の前後一ヶ月、10月~12月頃でも良い。

七五三は一般的に女の子は3歳と7歳、男の子は5歳だが性別関係なく3歳、5歳、7歳全て行うのもあり

5歳の女の子が七五三でお祝いをしてはいけないという決まりはない。

七五三で一般的に行うこと、記念撮影、神社でのお参り、食事会。