未分類

七五三の神社への初穂料、のし袋やお金の包み方などのマナー

このページでは次の情報をお伝えしています。

  • 七五三での神社へお参り時の初穂料について。
  • のし袋や封筒の正しい書き方について。
  • お金の包み方のマナーについて。

七五三での神社へお参り時の初穂料

まずは神社でご祈祷を受ける際に必要な初穂料(はつほりょう)についてです。

初穂料の金額

七五三のお参りで、ご祈祷をしていただく場合は初穂料をお渡しします。

初穂料の相場は低いところでは三千円程のところもありますが、相場はだいたい五千円〜一万円程です。

神社によっては記念品がもらえるところもあったりして、その品物によって料金の違いがあることもあります。

同じ神社で料金に差があると、金額の高いほうがご利益があると思われがちですが、金額でご祈祷内容が変わるわけではなく実際は記念品の品物が変わるだけです。

ちなみに、兄弟一緒に複数でご祈祷を受ける場合は「初穂料×ご祈祷を受ける人数」の金額をのし袋や封筒に入れてお渡しします。

初穂料の渡し方

初穂料は神社でご祈祷を申し込むときにお渡ししましょう。

一般的には社務所に用意されている申込用紙に記入して、その用紙と一緒に渡すかたちになります。

ただ念の為料金の確認等も含め、ご祈祷をお願いする予定の神社に問い合わせておいたほうが安心です。

のし袋や封筒の正しい書き方

次にのし袋や封筒の選び方と正しい書き方についてです。

のし袋の選び方

のし袋の水引きにはいくつか種類がありますが、七五三の時は「花結び(蝶結び)で紅白の水引き」ののし袋を選びましょう。

花結び(蝶結び)は何度も結び直せるということから何回お祝いしてもおめでたいという意味があります。

なので、花結び(蝶結び)の水引きは結婚式以外のお祝いごとで使われるのし袋です。

印刷されたのし袋でもOK

コンビニなどで売っているのし袋には水引きが印刷されたものもありますが、七五三の場合はそれでも大丈夫です。

改まったお祝いの場で使用するのは良くありませんが、七五三は内祝いなので特に問題はありません。

コンビニの他、100円ショップでも購入できるので簡単に手に入りますし、安価なので記入ミスをしても気軽に書き直すこともできます。

白封筒でもOK

基本的にはのし袋に初穂料を入れてお渡ししますが、白い封筒でも良いです。

ただし何も印刷がされていない真っ白な封筒に限ります。
郵便番号を記入する欄が印刷されたようなものはNGです。

神社によっては白封筒の指定や推奨をしている場合もあります。

のし袋の書き方

のし袋や封筒にはなるべく筆ペンで書きましょう。

表書き

まずは表書きの書き方です。

水引きより上の余白部分に縦書きで「初穂料」、より丁寧にするならば「御初穂料」と書きます。

そして、水引きより下の余白部分には縦書きでご祈祷を受ける子供の名前をフルネームで書きます。

兄弟一緒にご祈祷を受ける場合は、一人をフルネームで書き、その左隣にもうひとりの下の名前を書きます。

中袋

次に実際にお金を入れる中袋の書き方です。

オモテ

中袋のオモテには初穂料の金額を書きます。

金額を書くときには「金 伍仟圓」というように頭に「金」をつけて、金額は大字(だいじ)という漢数字を使います。

大字というのは、単純な漢数字を難しい漢字で代用したものです。

単に「一万円」だけだと横線を書き足すと「三万円」になってしまいますし、余白があれば「十三万」にも書き換えることが出来てしまいます。

大字はあとで数字を書き換えられることを防ぐ効果があります。

大字変換表

阡、仟

ウラ

中袋のウラには、

  • 郵便番号
  • 住所
  • ご祈祷を受ける子供のフルネーム

を書きます。

お金の包み方

最後にお金の包み方についてです。

初穂料はご祈祷を受ける「代金」ではなく神様への「お供え」なので、丁寧に包んで納めることが礼儀正しい作法となります。

お金の向き

七五三はお祝いごとではありますが、わざわざ新札を用意しなくても問題ありません。

だからといって古かったり、シワシワなお札を使うのは控えましょう。
神様へのお供えでもありますし、気持ちの良いものでもありません。

のし袋へのお札の入れ方は、中袋のオモテに対してお札の人物が上を向くようにし、さらに封筒の上下に対しても人物が上になるようにします。

袱紗(ふくさ)

ふくさとはのし袋を包むためのものです。

基本的にお金の入ったのし袋をそのまま持ち歩くのは良くありません。

のし袋はふくさに包んで持ち歩き、渡すときにふくさから出すのが大人のマナーです。

のし袋に入れてお金を渡すという行為は冠婚葬祭で何度も経験します。

ふくさは安いものでは100円ショップでも売っているので、持っていない場合はこの機会に購入しましょう。

まとめ

それでは、七五三の初穂料、のし袋、お金の包み方についてのまとめです。

初穂料

初穂料の相場は5千円~一万円で神社の社務所で渡す。

料金の差でご祈祷の内容は変わらない。

のし袋の選び方

七五三の時は「花結び(蝶結び)で紅白の水引き」ののし袋を選ぶ。

水引きが印刷されたのし袋や何も印刷されていない白い封筒でも問題ない。

のし袋の書き方

のし袋に書くときはなるべく筆ペンで書く。

表書きには「御初穂料」とご祈祷を受ける子供の名前を書く。

中袋のオモテには金額、ウラには住所と名前を書く。

金額は書き換えを防ぐ目的で大字を使用する。

お金の包み方

新札でなくても良いが古くて汚いお札は控える。

中袋のオモテの上側に人物が来るように入れる。

のし袋はそのまま持ち歩かずふくさで包む。