未分類

梅雨時期のうねる髪の毛対策!普段のお手入れで広がらない方法!

梅雨時期のうねる髪の毛対策!普段のお手入れで広がらない方法!

春から夏にかけてのこの時期。冬服のような厚着もしなくて良いし色々なライトアウターを着たりと一番おしゃれな服装が出来る時期なので思いっきり楽しみたい。

でも難点が一つ。それは梅雨。

せっかくおしゃれを楽しみたいのに、髪の毛が決まらなければ何もかも台無しですよね。なので今回は梅雨時期でも髪の毛がうねったり広がったりしないような対策をお伝えします。

梅雨時期に髪の毛がうねる原因

まずはどうして梅雨時期になると髪の毛がうねったり広がったりするのかをみていきましょう。その原因は髪の毛の水分バランスが崩れるからです。梅雨の湿気でバランスが崩れるのはもちろん、さらには気温と湿度が上がるせいで、自分も汗をかき、その汗の水分も髪の毛が吸ってしまうことが原因なんです。

やっかいなのは髪の毛全体の水分量がまとまって上がるのではなくて、髪の毛一本一本の水分量がバラバラに上がってしまうからうねったり広がったりとまとまらない髪の毛になってしまうんです。

普段からしっかりとお手入れをすることが一番の対策

それでは対策方法です。それはもうお分かりのように、ずばり水分バランスを崩さないようにする。髪の毛のうねりの原因は水分バランスが崩れることです。
その水分はというとキューティクルの隙間から入り込んできます。
なのでキューティクルを整えて髪の毛に余分な水分が入らないようにすれば水分バランスが崩れないので、髪の毛がうねらない、広がらないというわけです。

では何をすればよいかというと、特別なことではなく、普段から毎日する洗髪をしっかり気をつけながらするだけ。普段の生活で必ず毎日行うことだけに、疎かにするか、しっかりお手入れをするかで結果には雲泥の差があります。なのでここで正しいシャンプーの仕方を見ていきましょう。

正しいシャンプーの方法

まずはシャンプー前にしっかりとお湯で髪の毛と頭皮の汚れを落とします。お湯は少しぬるめのほうが頭皮には優しいです。ここで汚れをしっかり落とせないとシャンプーの泡立ちが悪くなってしまい、たくさんシャンプーを付けることになってしまいます。シャンプーのつけすぎも頭皮に良くないので気をつけましょう。できれば髪の毛を濡らす前にブラッシングのひと手間を加えることでさらに髪の毛の汚れを落とせます。

シャンプー後はコンディショナーやトリートメントをつけますが、水気をしっかりときってからつけます。水気が残り過ぎているとコンディショナーやトリートメントの成分が髪の毛に残らずに流されてしまいます。

シャンプー、コンディショナーについては、共につけすぎない、そしてしっかり流すようにします。


髪の毛の乾かし方

髪の毛がしっかり洗えたら、次はドライヤーです。髪の毛が多いほど面倒くさくなりますが、自然乾燥はダメ。ドライヤーでちゃんと地肌を乾かしましょう。自然乾燥は地肌に悪いです。自然乾燥だと地肌が蒸れて髪の毛の状態が悪くなります。結果髪の毛の水分バランスも崩れてしまいます。

だからといってただ乾かすだけではなくて乾かし方にも気を付けます。
まずは髪の毛の根元を乾す。毛先から乾かすと髪の毛はすぐに乾燥してしまうので、髪の根本、地肌から乾かします。ある程度乾いたら全体を乾かしてください。最後に冷風に切り替えて髪の毛全体の熱を冷まします。

最後の冷風で乾かすのが大切です。髪の毛は冷ますときに形が決まるので、ドライヤーで根元を乾かした後に、全体を抑えながらある程度乾いたら最後に冷風で冷ましましょう。

さらに髪の毛をいたわってあげるなら、ドライヤーの前にヘアオイルを使用して髪の毛の水分を逃さないようにすることも良いです。

普段からこまめにブラッシングもおすすめ

シャンプー前にブラッシングをすると良いとお伝えしましたが、できれば普段からブラッシングをするのも効果的です。ブラッシングはキューティクルを整えてくれます。
さらに髪の毛に均一に水分を広げてくれる効果もあります。常にブラシを持ち歩くのも良いですね。

梅雨時期の髪の毛に悩まされない

ヘッドスパなどをしなくても以上のような方法で毎日お手入れするだけでも、キューティクルが整ってきてくれるはずです。そうすれば髪の毛の水分バランスが崩れることも少なくなり梅雨時期の悩みも解消されるでしょう。

おしゃれをして思いっきりこの時期を楽しんじゃいましょう。