未分類

永野芽郁、子役時代に出演していたドラマを調査!

永野芽郁の子役時代に出演していたドラマを調査

2018年のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインに選ばれ一気に全国区に、その後一気にブレイクし人気女優となった。そして国民的女優の位置まで上り詰めた永野芽郁。そんな彼女がどのようにして芸能界入りを果たしたのか、子役時代はどうだったのかを見ていきましょう。

デビューのきっかけはスカウト

永野芽郁は、小学校3年生の時に、吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされました。人気の若手女優達やタレントが良く街を歩いていたらスカウトされたという話をしていますが、本当に何気ない場所でスカウトされるんですね。スカウトした人は本当にダイヤモンドの原石を見つけるのが上手い。

そして、2009年の「ハード・リベンジ、ミリーブラディバトル」という映画でデビュー。2009年は当時で8~9歳。小学校3年生なのでスカウトされてすぐに映画に出演しました。役名こそなかったみたいですが、これはすごいことですね。

こんな形でのデビューを果たし、子役からの下積みを経験して、今では人気女優に仲間入りした永野芽郁の子役時代に出演したドラマを調べてみました。

永野芽郁、子役時代の出演ドラマ

子役といっても基本は養成所でのレッスンが大半でそんなに多く出演できることは稀です。本当に実力がないとオーディションにも受かりません。では永野芽郁はどうだったのかというと、こちらが永野芽郁が子役時代に出演ドラマです。

2010年6月25日 当時10歳
ハガネの女 第6話(テレビ朝日) – 小学生時代の芳賀稲子 役

2011年1月12日 当時11歳
時々迷々 「お姉ちゃんとよばないで」(NHK Eテレ) – 主演・珠子 役

2011年8月1日 当時11歳
ABUアジア子どもドラマシリーズ 「遠足」(NHK Eテレ) – 三島ミズキ 役

2011年9月3日 当時11歳
ほんとにあった怖い話 夏の特別編2011 「深淵の迷い子」(フジテレビ)

2012年5月3日 当時12歳
STAND UP!ヴァンガード(テレビ東京) – 水原スミレ 役

2013年5月19日 – 7月28日 当時13歳
大河ドラマ 八重の桜 第20話 – 第30話(NHK) – 山川常盤 役

2014年5月25日 – 7月13日 当時14歳
プラトニック(NHK BSプレミアム) – 望月沙莉 役

2014年10月11日 当時15歳
東京にオリンピックを呼んだ男(フジテレビ) – 幼少期のグレース美弥子 役

最初のうちは単発での出演が多かったですが、そこで徐々に力を付けていったのか、少しずつレギュラー出演できる役をもらえるようになっていったようです。

ドラマ以外にも出演多数

少しずつ役をもらえるようになっていった永野芽郁ですが、ドラマだけではなく、もちろん映画や舞台などにも出演していて、そこでもどんどん評価は上がっていたのだと思います。

◆映画

2009年7月11日 当時9歳
ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル

2010年5月1日 当時10歳
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- – すみれ 役

2010年7月17日 当時10歳
私の優しくない先輩 – 西表耶麻子(小学生時代) 役

2012年8月25日 当時12歳
るろうに剣心 – 三条燕 役

2014年4月12日 当時14歳
ガチバン ULTRA MAX – 星良 役

2015年1月31日 当時14歳
繕い裁つ人- 中田まり 役

2015年10月31日 当時当時15歳
俺物語!! – ヒロイン・大和凜子 役

◆舞台

2010年5月1日 – 5日 当時10歳
『劇団Beポンキッキ』第1回公演 ふしぎな7つのトランク

◆バラエティ・情報番組

2009年4月27日 – 2011年3月 当時9~10歳
We Can☆(BSフジ) – We Can☆Girls1期生

2011年4月8日 – 2012年3月30日 当時10歳~11歳
We Can☆47(BSフジ) – We Can☆47メンバー

2012年10月8日 当時13歳
NHK番組たまご ギャクテン教室!(NHK)

その他にもCM、雑誌と、永野芽郁は子役時代から多方面で活躍していました。地道に頑張って努力をしてきたからこそ、国民的女優という結果に繋がったんでしょうね。

以上、永野芽郁、子役時代に出演していたドラマを調査!
でした。